三省堂書店 BOOKS SANSEIDO

書籍詳細

「途上国」日本の100年

実際の店頭在庫とは異なることがございます。ご来店の際は事前にお電話にてお問い合わせください。

在庫 -
所在地 -
著者名 保倉裕
出版社 創英社(三省堂書店)
出版年月 2021年04月
参考価格 ¥2,640
頁数 349p
ISBN 978-4-87923-079-9
内容 【要旨情報】
開国から19世紀末までの日本は「途上国」であった。日露戦争・第一次世界大戦を経て世界列強の一国に加わった後も、日本は「先進国」欧米へのキャッチ・アップと「外敵」欧米からの攻撃という焦燥感と恐怖に苛まれ続けた。そのコンプレックスの裏返しとして、日本は自己中心的価値観への固執を強めた。こうした日本の近現代史に関する自己認識は、これからの日本と、中国を含むアジア諸国との関係を考える上で、重要な視点となる。

目次 【目次】
ペリー来航から明治維新までの15年間(1853年~1868年)
明治維新から西南戦争までの10年間(1868年~1877年)
>> もっと見る
ジャンル 歴史・民俗 > 日本史 > 日本近代史 > 日本近代史概説

※e-honは、株式会社トーハンが運営するオンライン書店です。 インターネットで注文した書籍を、宅配または三省堂書店の各店舗で受け取れます。 ご利用にあたっては、e-hon会員登録が必要です。