三省堂書店 BOOKS SANSEIDO

書籍詳細

最後の文人石川淳の世界 集英社新書

実際の店頭在庫とは異なることがございます。ご来店の際は事前にお電話にてお問い合わせください。

在庫 -
所在地 -
著者名 田中優子(江戸文化研究家)
出版社 集英社
出版年月 2021年04月
参考価格 ¥968
頁数 265p
ISBN 978-4-08-721163-4
内容 【要旨情報】
グローバリズムと新自由主義が世界を制覇しつつある今日、人々の自由はむしろ制限されつつあり、閉塞感や分断が拡大している。今、なぜ石川淳なのか?この孤高の作家を読み解くキーワードは「自由」。古今東西の書物世界を軽快な「精神の運動」で往還した石川の姿勢は知的自由の体現であった。だから、多くの知識人が戦時体制になびいた時代にも、石川は黙らなかった。かくして作品の発禁後、石川は自由を求め江戸の世界に向かう。石川作品には不自由に抗する不服従の精神が刻まれている。本書は五名の識者の解説を通じ、その作品と「絶対自由」の世界に誘う。

>> もっと見る
目次 【目次】
第1章 絶対自由を生きる(「天馬賦」に見る絶対自由
精神の運動と絶対自由 ほか)
>> もっと見る
ジャンル 新書 > 教養新書 > 教養新書 > 集英社新書

※e-honは、株式会社トーハンが運営するオンライン書店です。 インターネットで注文した書籍を、宅配または三省堂書店の各店舗で受け取れます。 ご利用にあたっては、e-hon会員登録が必要です。