三省堂書店 BOOKS SANSEIDO

書籍詳細

何が記者を殺すのか 大阪発ドキュメンタリーの現場から 集英社新書

実際の店頭在庫とは異なることがございます。ご来店の際は事前にお電話にてお問い合わせください。

在庫 -
所在地 -
著者名 斉加尚代
出版社 集英社
出版年月 2022年04月
参考価格 ¥1,034
頁数 302p
ISBN 978-4-08-721210-5
内容 【要旨情報】
いま地方発のドキュメンタリー番組が熱い。中でも、沖縄の基地問題、教科書問題、ネット上でのバッシングなどのテーマに正面から取り組み、維新旋風吹き荒れる大阪の地で孤軍奮闘しているテレビドキュメンタリストの存在が注目を集めている。本書は、毎日放送の制作番組『なぜペンをとるのか』『沖縄 さまよう木霊』『教育と愛国』『バッシング』などの問題作の取材舞台裏を明かし、ヘイトやデマが飛び交う日本社会に警鐘を鳴らしつつ、深刻な危機に陥っている報道の在り方を問う。

>> もっと見る
目次 【目次】
第1章 メディア三部作(『映像’15 なぜペンをとるのか―沖縄の新聞記者たち』
『映像’17 沖縄 さまよう木霊―基地反対運動の素顔』
>> もっと見る
ジャンル 新書 > 教養新書 > 教養新書 > 集英社新書

※e-honは、株式会社トーハンが運営するオンライン書店です。 インターネットで注文した書籍を、宅配または三省堂書店の各店舗で受け取れます。 ご利用にあたっては、e-hon会員登録が必要です。