三省堂書店 BOOKS SANSEIDO

書籍詳細

地球を呑む 2 小学館文庫

実際の店頭在庫とは異なることがございます。ご来店の際は事前にお電話にてお問い合わせください。

在庫 -
所在地 -
著者名 手塚治虫
出版社 小学館
出版年月 1996年12月
参考価格 ¥598
頁数 257p
ISBN 978-4-09-192007-2
内容 【出版社コメント】
妖女・ゼフィルスとは? 文明に対する警鐘を鳴らした巨匠の一大SFロマン▼第13話/アダジオ・モデラート▼第14話/バルス・ラプソディー▼第15話/インテルメッツォ▼第16話/フーガ▼第17話/メヌエット▼第18話/ポロネーズ・メランコリック▼第19話/プレスト・パセティック▼第20話/コーダ ●登場人物/関五本松(ゼフィルスの虜になった関少尉の息子。大の酒好きで、女にはあまり興味がない)。ゼフィルス(謎の女。彼女を見ただけで男はみなその虜となる)。●あらすじ/ゼフィルスは、亡き母の遺言「文明と男への復讐」を遂行するため、その娘たちが紛した幻の女だった。だが末娘・ミルダが五本松に恋をしてしまったために、彼女たちの結束が崩れていく。そして、ゼフィルスの国・マムウ共和国から逃げだした五本松は、やっとの思いで父の元に帰り着くのだった。その姿を目撃したミス・クリトス(モンテ・クリトス)も、彼の人柄に惚れ込んでしまう(第15話)。▼マムウ共和国を逃げ出したミルダと、ミス・クリトスの間で、五本松をとりあう女の闘いが始まる。だがその間にもゼフィルスの復讐計画は着々と進行。世界中に金が大量にばらまかれ、各国は大混乱に陥る(第16話)。●主な登場キャラクター/安達原(日本の五大企業体のひとつ、安達原コンツェルンの社長。ゼフィルスの影を追う)。ミス・クリトス(ゼフィルスたちを救い、その野望の手助けをする女科学者)。●本巻の特徴/ゼフィルスの復讐のため、東京は壊滅した。秩序も、法律も、金も無くなったその中で、ミルダと五本松は幸せに暮らしている。だが、復讐を終えたミルダの姉妹が、ミルダを取り戻しに現れる。

目次
ジャンル コミック > コミック文庫 > コミック文庫 > 小学館文庫 コミック版

※e-honは、株式会社トーハンが運営するオンライン書店です。 インターネットで注文した書籍を、宅配または三省堂書店の各店舗で受け取れます。 ご利用にあたっては、e-hon会員登録が必要です。