三省堂書店 BOOKS SANSEIDO

書籍詳細

新編日本古典文学全集 35

実際の店頭在庫とは異なることがございます。ご来店の際は事前にお電話にてお問い合わせください。

在庫 -
所在地 -
著者名
出版社 小学館
出版年月 1999年04月
参考価格 ¥5,123
頁数 613p
ISBN 978-4-09-658035-6
内容 【出版社コメント】
頭注・原文・現代語訳が同一ページ。二色刷。平安期から鎌倉期にかけて、数多くの説話集が作られました。『今昔物語集』は、その中でも1000余りの説話を内包し、最大の規模を誇っています。内容的にも、天竺(インド)、震旦(中国)、本朝(日本)を舞台に、仏教説話・霊験説話・動物説話・歴史説話・世俗説話など、当時の世界のあらゆる方面に題材が及びます。登場者も、皇族・貴族をはじめ、僧侶・武士や、和歌・管弦・絵画・医術・占い・陰陽などの名人、芸能人、強盗、・殺人などの犯罪者、さらに霊鬼・妖怪まで跳梁暗躍し、その描かれている世界は、まさに、王朝時代の百鬼夜行絵巻のようです。後世への影響については、特に、大正期の芥川龍之介の『今昔物語集』を題材とした諸作品が有名ですが、我が国古典文学の最高峰とされる『源氏物語』と対比しても、その文学的価値は、国際的にも近年高まってきています。本全集は4分冊で、本朝仏法部及び世俗部(巻十一~巻三十一)を納めています。本書には、巻十一~巻十四、本朝仏法部を収録。日本仏教の創始を伝える聖徳太子、行基、役行者、神通力を失った、有名な久米の仙人の話もあります。

目次 【目次】
聖徳太子此朝にして始めて仏法を弘めたまふ語第一
行基菩薩仏法を学びて人を導く語第二
>> もっと見る
ジャンル 文学・ノンフィクション > 文学 > 文学全集 > 古典文学全集・個人全集

※e-honは、株式会社トーハンが運営するオンライン書店です。 インターネットで注文した書籍を、宅配または三省堂書店の各店舗で受け取れます。 ご利用にあたっては、e-hon会員登録が必要です。