三省堂書店 BOOKS SANSEIDO

書籍詳細

マルクスその可能性の中心 講談社学術文庫

実際の店頭在庫とは異なることがございます。ご来店の際は事前にお電話にてお問い合わせください。

在庫 -
所在地 -
著者名 柄谷行人
出版社 講談社
出版年月 1990年07月
参考価格 ¥1,004
頁数 254p
ISBN 978-4-06-158931-5
内容 【要旨情報】
マルクス=ヘーゲル主義の終焉において、われわれは始めてマルクスを読みうる時代に入った。マルクスは、まさにヘーゲルのいう「歴史の終焉」のあとの思想家だったからだ。マルクスの「可能性の中心」を支配的な中心を解体する差異性・外部性に見出す本痛は、今後読まれるべきマルクスを先駆的に提示している。価値形態論において「まだ思惟されていないもの」を読み思想界に新たな地平を拓いた衝撃の書。亀井勝一郎賞受賞。

>> もっと見る
目次 【目次】
1 マルクスその可能性の中心
2 歴史について―武田泰淳
>> もっと見る
ジャンル 文庫 > 学術・教養文庫 > 学術・教養文庫 > 講談社学術文庫

※e-honは、株式会社トーハンが運営するオンライン書店です。 インターネットで注文した書籍を、宅配または三省堂書店の各店舗で受け取れます。 ご利用にあたっては、e-hon会員登録が必要です。