三省堂書店 BOOKS SANSEIDO

書籍詳細

エソラ 第15号

実際の店頭在庫とは異なることがございます。ご来店の際は事前にお電話にてお問い合わせください。

在庫 -
所在地 -
著者名 今日マチ子
出版社 講談社
出版年月 2012年12月
参考価格 ¥1,430
頁数 561p
ISBN 978-4-06-218140-2
内容 【e-honおすすめコメント】
「役立ちの小角」 仁木英之大化の世。「道」造成を推し進める朝廷と、古き民の間には、不穏な空気が漂っていた。「俺の彼女、逃亡犯かも。」 柚木麻子疑いだしたらとまらない──。くすぶっていた俺の生活がにわかに騒がしくなってきた。「ミドリのミ」 吉川トリコパパと源三とわたし──。三人の生活はなんだか変で妙に心地よい。「05」 円居挽警察の不祥事を暴く、謎の人物「ペイパーバック」。選りすぐりの5人を集めた特別班が警視庁内に作られた。「濾過な日々。」 斎樹真琴精神を病んだ男の再就職。自らを「目くそ」と割り切り、涙ぐましい奮闘を続ける彼の前に現れたのは──。「ネバーランド」 橘もも三角関係は、居心地抜群のシェルターだ。なぜそこに安住していては、いけないの?「雨女探偵にご注意」 森川智喜「なぜなら、雨が降ったから」大学生の野崎の前に、雨女探偵が現れた。「角砂糖の家」 益田ミリわたしたちの形ってなに? 迷いながら手探りでさがす、未来のすがた。「ホテルモーリス グリーンビートルをつかまえろ」 森晶麿突然高級リゾートホテルの支配人になった俺。個性豊かな従業員と風変わりな「お客様」のドタバタに巻き込まれ──。「生きミイラ」堀川アサコ出逢ったら、富み栄えるか、喰われるか。江戸の町を、《生きミイラ》が徘徊している。「デッドライン」今日マチ子「益田ミリのお茶のじかん」

>> もっと見る
目次
ジャンル 文学・ノンフィクション > 文学 > 日本作家 小説・エッセイ > 日本文学 男性作家

※e-honは、株式会社トーハンが運営するオンライン書店です。 インターネットで注文した書籍を、宅配または三省堂書店の各店舗で受け取れます。 ご利用にあたっては、e-hon会員登録が必要です。