三省堂書店 BOOKS SANSEIDO

書籍詳細

清朝の興亡と中華のゆくえ 叢書東アジアの近現代史

実際の店頭在庫とは異なることがございます。ご来店の際は事前にお電話にてお問い合わせください。

在庫 -
所在地 -
著者名 岡本隆司
出版社 講談社
出版年月 2017年03月
参考価格 ¥2,420
頁数 306p
ISBN 978-4-06-220486-6
内容 【出版社コメント】
日本、中国、韓国・朝鮮……。東アジア各国の関係は、ますます混迷をきわめています。日中間の尖閣問題、日韓間の竹島問題はその象徴ですが、それだけではありません。どうしてここまで仲が悪いのか、その本質は、歴史をたどらないかぎり明らかになりません。本シリーズは、東アジアのいがみあう現実の、歴史的な起原と形成過程をさぐり、問題の核心に迫ります。日中韓を中心とする対立と融和の東アジアの歴史の核心を、学術研究の成果をふまえて描き出します。第1巻は、清朝の歴史を中心に、日清・日露戦争に至るまでを描きます。はじまりは豊臣秀吉の朝鮮出兵に求められます。そして、日露戦争の帰結が、ひとつの大きなターニングポイントになります。満洲人が漢人を支配するという形ではじまった清朝の絶頂と凋落、そして朝鮮やチベットなど周辺国との関係、日中関係。それらを活写して、現在の問題の淵源に迫る力作です。

目次 【目次】
第1章 明清交代
第2章 変貌する東アジア
>> もっと見る
ジャンル 歴史・民俗 > 世界各国史 > 東洋史・アジア史 > アジア史 シリーズ別

※e-honは、株式会社トーハンが運営するオンライン書店です。 インターネットで注文した書籍を、宅配または三省堂書店の各店舗で受け取れます。 ご利用にあたっては、e-hon会員登録が必要です。