三省堂書店 BOOKS SANSEIDO

書籍詳細

日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか 講談社現代新書

実際の店頭在庫とは異なることがございます。ご来店の際は事前にお電話にてお問い合わせください。

在庫 -
所在地 -
著者名 内山節
出版社 講談社
出版年月 2007年11月
参考価格 ¥902
頁数 178p
ISBN 978-4-06-287918-7
内容 【要旨情報】
かつては、日本のキツネが暮らしている地域では、人がキツネにだまされたという話は日常のごくありふれたもののひとつだった。それも、そんなに昔の話ではない。キツネに悪さをされた。キツネに化かされた。そういった話は、いまから五十年くらい前の二十世紀半ばまでは、特にめずらしいものではなかった。…ところが一九六五年頃を境にして、日本の社会からキツネにだまされたという話が発生しなくなってしまうのである。一体どうして。本書の関心はここからはじまる。そのことをとおして、歴史学ではなく、歴史哲学とは何かを考えてみようというのが、本書の試みである。

>> もっと見る
目次 【目次】
第1章 キツネと人
第2章 一九六五年の革命
>> もっと見る
ジャンル 新書 > 教養新書 > 教養新書 > 講談社現代新書

※e-honは、株式会社トーハンが運営するオンライン書店です。 インターネットで注文した書籍を、宅配または三省堂書店の各店舗で受け取れます。 ご利用にあたっては、e-hon会員登録が必要です。