三省堂書店 BOOKS SANSEIDO

書籍詳細

神屋宗湛の残した日記 講談社文芸文庫

実際の店頭在庫とは異なることがございます。ご来店の際は事前にお電話にてお問い合わせください。

在庫 -
所在地 -
著者名 井伏鱒二
出版社 講談社
出版年月 2010年02月
参考価格 ¥1,404
頁数 243p
ISBN 978-4-06-290076-8
内容 【要旨情報】
豊臣秀吉に寵愛された、博多の豪商茶人・神屋宗湛の日記の口語訳を試み、秀吉の茶会の人間模様を浮き彫りにした表題作。旧友に好物の鰻を生きたまま土産に届けようとするが、結局、苦労して運んだ鰻が死んでいたというアイロニーを描いた「うなぎ」ほか、「一握の籾」「質流れの島」「雷鳥」など、晩年の作品七篇を収録。闊達自在な老いの境地と、繊細な感性の震えを巧みに描出した、井伏文学の真髄を示す遺作集。

>> もっと見る
目次
ジャンル 文庫 > 文芸・総合文庫 > 文芸・総合文庫 > 講談社文芸文庫

※e-honは、株式会社トーハンが運営するオンライン書店です。 インターネットで注文した書籍を、宅配または三省堂書店の各店舗で受け取れます。 ご利用にあたっては、e-hon会員登録が必要です。