三省堂書店 BOOKS SANSEIDO

書籍詳細

芥川龍之介と太宰治 講談社文芸文庫

実際の店頭在庫とは異なることがございます。ご来店の際は事前にお電話にてお問い合わせください。

在庫 -
所在地 -
著者名 福田恆存
出版社 講談社
出版年月 2018年10月
参考価格 ¥1,944
頁数 280p
ISBN 978-4-06-513299-9
内容 【要旨情報】
対照的な文学的軌跡をたどりながら、最終的にはともに自死を選んだ、芥川龍之介と太宰治。「近代的自我」の問題を問うた福田恆存が、その問題意識から二人に見出したものは何だったのか。初期の作家論を代表する「芥川龍之介1」をはじめ、戦後に書かれた「芥川龍之介2」、太宰の死の前後に書かれた二つの評論を収録。独自の視点で描かれた傑作文芸評論集。

目次 【目次】
芥川龍之介
太宰治
ジャンル 文庫 > 文芸・総合文庫 > 文芸・総合文庫 > 講談社文芸文庫

※e-honは、株式会社トーハンが運営するオンライン書店です。 インターネットで注文した書籍を、宅配または三省堂書店の各店舗で受け取れます。 ご利用にあたっては、e-hon会員登録が必要です。