三省堂書店 BOOKS SANSEIDO

書籍詳細

十八世紀京都画壇 講談社選書メチエ

実際の店頭在庫とは異なることがございます。ご来店の際は事前にお電話にてお問い合わせください。

在庫 -
所在地 -
著者名 辻惟雄
出版社 講談社
出版年月 2019年02月
参考価格 ¥1,870
頁数 248p
ISBN 978-4-06-514320-9
内容 【要旨情報】
十八世紀の京都には、まったく新しい、奇抜な表現をする画家たちがひしめいていた。形にこだわらない自由な発想は市民を魅了し、封建社会において精神の解放の一助となった。池大雅・与謝蕪村の南画、円山応挙の写生画法。「奇」では収まらない曾我蕭白の前衛性、若冲の不可思議―。個性的過ぎる芸術家たちの、みやこに遺した足跡を振り返る。

>> もっと見る
目次 【目次】
第1章 十八世紀京都画壇総論
第2章 日本文人画の成立―中国から日本へ
>> もっと見る
ジャンル 文学・ノンフィクション > 選書・ブックレット > 選書・叢書 > 講談社選書メチエ

※e-honは、株式会社トーハンが運営するオンライン書店です。 インターネットで注文した書籍を、宅配または三省堂書店の各店舗で受け取れます。 ご利用にあたっては、e-hon会員登録が必要です。