三省堂書店 BOOKS SANSEIDO

書籍詳細

医龍 20 ビッグコミックス

実際の店頭在庫とは異なることがございます。ご来店の際は事前にお電話にてお問い合わせください。

在庫 -
所在地 -
著者名 乃木坂太郎
出版社 小学館
出版年月 2009年02月
参考価格 ¥565
頁数 1冊(ペ
ISBN 978-4-09-182375-5
内容 【出版社コメント】
朝田、さらなる覚醒・・・蘇る本能の牙!!▼第158話/加藤プラン▼第159話/野口の原理▼第160話/覚醒と挑発▼第161話/序列▼第162話/相棒▼第163話/勧誘▼第164話/きちゃない▼第165話/最低●主な登場人物/朝田龍太郎(かつてNGOで世界レベルの医療チームを指揮していた唯一の日本人。今は、明真大学付属病院・胸部心臓外科の無給医)、伊集院登(明真大学付属病院・胸部心臓外科の研修医)●あらすじ/霧島の内科治療案、国立のステントグラフト案に続き、いよいよ加藤が野口の治療プランをプレゼンする番がやってきた。だが、周囲の視線が集まる中で加藤が口にしたのは、人工血管置換手術という最も“普通の”方法。これには霧島や国立、そして当の野口までが内心鼻で笑う結果に…(第158話)。●本巻の特徴/朝田抜きで野口の治療プランを立てなければいけない加藤。一方、加藤チームを抜けた朝田は、自らの医療技術と共に、周囲への攻撃性をも先鋭化させてゆく。その矛先は…!!●その他の登場人物/加藤晶(腐った日本医療を改革するため、教授のポストを狙っている。36歳の若さで、明真大学付属病院・胸部心臓外科助教授)、霧島軍司(明真大学付属病院の教授選に野口が送りこんだ、野心家の刺客。朝田とは因縁浅からぬ仲)、荒瀬(朝田とチームを組む麻酔医。凄腕だが、自らも麻酔に溺れている)、野口(明真大学付属病院・胸部心臓外科教授。院内での政治手腕に長けた、老獪な古狸)、国立笙一郎(元UCLA教授。心臓外科教授選に出馬するために日本へ帰国した。アメリカンスタイルの実力主義者にして、自らも凄腕)

目次
ジャンル コミック > コミック > 男性 > ビッグコミックス

※e-honは、株式会社トーハンが運営するオンライン書店です。 インターネットで注文した書籍を、宅配または三省堂書店の各店舗で受け取れます。 ご利用にあたっては、e-hon会員登録が必要です。