三省堂書店 BOOKS SANSEIDO

書籍詳細

なぜ、いま小学校で外国語を学ぶのか

実際の店頭在庫とは異なることがございます。ご来店の際は事前にお電話にてお問い合わせください。

在庫 -
所在地 -
著者名 直山木綿子
出版社 小学館
出版年月 2019年03月
参考価格 ¥1,650
頁数 192p
ISBN 978-4-09-840195-6
内容 【出版社コメント】
小学校英語・外国語活動のことがわかる本2020年度には、新教科書での外国語の授業が小学5年生でいよいよ本格実施になります。外国語の授業が、なぜ小学校に導入されたのか。その意図はどこにあるのか。文部科学省教科調査官として全国の小学校で講演活動する直山木綿子先生自身の外国語学習との出会いや(序章)、日本の外国語教育について考えるでは、学校現場の教師との小学校における外国語活動・外国語科が子供の未来を変えるという対談で、この10年の外国語活動の成果や課題を浮き彫りにします。なぜ、いま英語を学ぶのか(1章)、英語が小学校で教科になる意味は(2章)、中学・高校の英語の授業、大学受験はこう変わる!?(3章)、未来を生きる子供たちに、英語で知ってほしいこと(4章)、家庭の保護者たちに、英語を学ぶことで知って欲しいこと(5章)という構成内容で、英語導入に不安を持つ読者の期待に応える内容です。とくに、自身の子育て体験から、英語学習へ期待と不安をあわせもつ保護者にも有益なヒントが語られます。現場の若い教師にも、管理職にも、そして、保護者にも、子供たちにも、「小学校英語」について知って欲しい内容が赤裸々に語られます。

目次 【目次】
序章 直山木綿子の英語好きのルーツはここにあった
対談 日本の外国語教育について考える
>> もっと見る
ジャンル 教育・保育 > 学校教育 > 教科別指導技術 > 英語科

※e-honは、株式会社トーハンが運営するオンライン書店です。 インターネットで注文した書籍を、宅配または三省堂書店の各店舗で受け取れます。 ご利用にあたっては、e-hon会員登録が必要です。