三省堂書店 BOOKS SANSEIDO

書籍詳細

氷河期を生き抜いた狩人・矢出川遺跡 シリ−ズ「遺跡を学ぶ」

実際の店頭在庫とは異なることがございます。ご来店の際は事前にお電話にてお問い合わせください。

在庫 -
所在地 -
著者名 堤隆(歴史学)
出版社 新泉社
出版年月 2004年09月
参考価格 ¥1,650
頁数 93p
ISBN 978-4-7877-0439-9
内容 【要旨情報】
長野県八ヶ岳野辺山高原、標高一三〇〇メートルを越す矢出川遺跡から、一万数千年前の後期旧石器が大量に見つかった。氷河期末の高原に狩人たちは何を求めてやってきたのか。細石刃と呼ばれる小さな石器から、彼らの移動生活と適応戦略に迫る。

目次 【目次】
第1章 高原のフィールドワーク(野辺山高原
地を這う分布調査 ほか)
>> もっと見る
ジャンル 歴史・民俗 > 日本史 > 日本考古学 > 遺跡案内

※e-honは、株式会社トーハンが運営するオンライン書店です。 インターネットで注文した書籍を、宅配または三省堂書店の各店舗で受け取れます。 ご利用にあたっては、e-hon会員登録が必要です。