三省堂書店 BOOKS SANSEIDO

書籍詳細

筑紫政権からヤマト政権へ・豊前石塚山古墳 シリ−ズ「遺跡を学ぶ」

実際の店頭在庫とは異なることがございます。ご来店の際は事前にお電話にてお問い合わせください。

在庫 -
所在地 -
著者名 長嶺正秀
出版社 新泉社
出版年月 2005年12月
参考価格 ¥1,620
頁数 93p
ISBN 978-4-7877-0632-4
内容 【要旨情報】
北部九州では最大、最古の前方後円墳、豊前石塚山古墳。その被葬者はヤマト政権と密接なかかわりをもち、大陸へのルートを確保する役割を担っていた。筑紫政権下からヤマト政権下へと組み込まれてゆく北部九州の姿を古墳と副葬された三角縁神獣鏡から解き明かす。

目次 【目次】
第1章 豊前の初期前方後円墳(周防灘を望む地
畿内文化の特徴をもった古墳)
>> もっと見る
ジャンル 歴史・民俗 > 日本史 > 日本考古学 > 遺跡案内

※e-honは、株式会社トーハンが運営するオンライン書店です。 インターネットで注文した書籍を、宅配または三省堂書店の各店舗で受け取れます。 ご利用にあたっては、e-hon会員登録が必要です。