三省堂書店 BOOKS SANSEIDO

書籍詳細

鎮護国家の大伽藍・武蔵国分寺 シリ−ズ「遺跡を学ぶ」

実際の店頭在庫とは異なることがございます。ご来店の際は事前にお電話にてお問い合わせください。

在庫 -
所在地 -
著者名 福田信夫
出版社 新泉社
出版年月 2008年12月
参考価格 ¥1,620
頁数 93p
ISBN 978-4-7877-0932-5
内容 【要旨情報】
奈良時代の中頃、天然痘の流行、飢饉、藤原広嗣の乱など王権の危機に直面した聖武天皇は、各国に国分寺の建立を命じた。そして都からはるか遠く離れた武蔵国に、諸国の国分寺のなかでも最大の規模をほこる僧寺・尼寺が造営された。大伽藍の威容とその変遷を語る。

目次 【目次】
第1章 「国華にふさわしい好処」に建つ(曠遠なる国の国分寺
国分寺造営の背景)
>> もっと見る
ジャンル 歴史・民俗 > 日本史 > 日本考古学 > 遺跡案内

※e-honは、株式会社トーハンが運営するオンライン書店です。 インターネットで注文した書籍を、宅配または三省堂書店の各店舗で受け取れます。 ご利用にあたっては、e-hon会員登録が必要です。