三省堂書店 BOOKS SANSEIDO

書籍詳細

概念としての家族

実際の店頭在庫とは異なることがございます。ご来店の際は事前にお電話にてお問い合わせください。

在庫 -
所在地 -
著者名 木戸功
出版社 新泉社
出版年月 2010年02月
参考価格 ¥2,420
頁数 234,
ISBN 978-4-7877-1001-7
内容 【要旨情報】
制度としての「家族」に回収しきれない、人々の家族をめぐる経験。そうした個人的で、そしておそらく瑣末で、場合によってはとるに足らないようなものであるかもしれない経験の社会学を求めて。家族を成し遂げる人々の多様な実践。社会構築主義の立場から家族を考える。

目次 【目次】
第1章 家族社会学の「多様化」と社会構築主義
第2章 日本における「標準理論」の受容過程―「核家族論争」再考
>> もっと見る
ジャンル 社会学 > 社会学 > 女性学・家族論 > 夫婦・親子・家族論

※e-honは、株式会社トーハンが運営するオンライン書店です。 インターネットで注文した書籍を、宅配または三省堂書店の各店舗で受け取れます。 ご利用にあたっては、e-hon会員登録が必要です。