三省堂書店 BOOKS SANSEIDO

書籍詳細

「思想」としての大塚史学

実際の店頭在庫とは異なることがございます。ご来店の際は事前にお電話にてお問い合わせください。

在庫 -
所在地 -
著者名 恒木健太郎
出版社 新泉社
出版年月 2013年03月
参考価格 ¥4,180
頁数 437p
ISBN 978-4-7877-1307-0
内容 【要旨情報】
戦後の代表的思想家として丸山眞男とならぶ存在とされる経済史家、大塚久雄。「大塚史学」が圧倒的な力をもった1960年代までの言説に焦点を当てた検証作業をとおして、グローバル化と右傾化がパラレルに進行する危機の時代に対峙しうる「思想の力」を想起する。

目次 【目次】
大塚史学と現代
投機批判における連続と変化
>> もっと見る
ジャンル 思想・哲学・宗教 > 日本思想 > 日本現代思想 > 昭和思想 戦後

※e-honは、株式会社トーハンが運営するオンライン書店です。 インターネットで注文した書籍を、宅配または三省堂書店の各店舗で受け取れます。 ご利用にあたっては、e-hon会員登録が必要です。