三省堂書店 BOOKS SANSEIDO

書籍詳細

邪馬台国時代のクニの都 吉野ケ里遺跡 シリーズ「遺跡を学ぶ」

実際の店頭在庫とは異なることがございます。ご来店の際は事前にお電話にてお問い合わせください。

在庫 -
所在地 -
著者名 七田忠昭
出版社 新泉社
出版年月 2017年03月
参考価格 ¥1,760
頁数 96p
ISBN 978-4-7877-1635-4
内容 【要旨情報】
大発見以来、卑弥呼の住んだ宮都かと話題になってきた吉野ヶ里遺跡。一時期の喧噪が終息したいま、あらためて集落の成立から拡大、終焉までの展開をくわしく追究し、「倭人伝」記事との対照、中国城郭の影響などの検討をとおして、邪馬台国時代のクニの都であると論じる。

目次 【目次】
第1章 吉野ヶ里遺跡の発掘(吉野ヶ里遺跡とは何か
吉野ヶ里研究の先人・七田忠志
>> もっと見る
ジャンル 歴史・民俗 > 日本史 > 日本考古学 > 遺跡案内

※e-honは、株式会社トーハンが運営するオンライン書店です。 インターネットで注文した書籍を、宅配または三省堂書店の各店舗で受け取れます。 ご利用にあたっては、e-hon会員登録が必要です。