三省堂書店 BOOKS SANSEIDO

電子書籍詳細

浮浪雲(はぐれぐも) 4

対応デバイス パソコン(Windows): ○
iOS: ○
Android: ○
WindowsPhone: ×
Lideo: ×
ブラウザ: ○
BSReader: ×
インライン: ×

※各デバイス名クリックで、詳細(BokLive!サイト)をご覧いただけます。
※こちらの商品はバージョン2.0.0以降のブックライブアプリでのみ、ご覧いただけます。
※以下端末のプリインストールアプリをご利用のお客様は、対応アプリのご提供まで今しばらくお待ちください。 LaVie Touch

著者名 ジョージ秋山
出版社 小学館
販売開始 2021年05月21日
参考価格 ¥693(2022年6月28日現在)
内容 激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝”。

▼第1話/意気に感ず▼第2話/梅干しの好きな女▼第3話/愛さずにはいられない▼第4話/流れ星をみつめて▼第5話/一根不浄▼第6話/橋の下で▼第7話/火の酒▼第8話/親子探索▼第9話/意外や!白頭巾▼第10話/大弱点 ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/武術においても学問においても秀でた才能を持った天才少年、竜之助。新之助は、いくら努力をしてもこの竜之助にかなわない。竜之助は、無能な人間はいくら努力をしても獅子にはなれないと言い放つのだが……(第1話)。▼遊びに出た先で浮浪雲は、梅干し好きの年増の芸者に出会う。暗い過去を持った彼女は「いいことなんて絶対に無い」と、ぽつりとつぶやく(第2話)。 ●本巻の特徴/普段何があっても動じず、涼しい顔をしている雲だが、息子、新之助の病気に真剣な表情を見せる。父親としての雲が描かれた一編(第10話)。 ●その他の登場キャラクター/岡田以蔵(第5話) ●その他のデータ/登場人物紹介、巻末解説「『浮浪雲』における登場人物の研究」副田義也
ジャンル 青年マンガ
受付店舗

店頭購入用バーコード


20033486-004N

バーコードを表示し、三省堂書店レジで提示していただくと、電子書籍をご購入いただけます。
BookLive!ストアサイトでも電子書籍を直接お求めいただけます。

ご購入前に必ずご確認いただきたいこと

お客様は、本電子書籍を閲覧するために、お客様ご自身ので事前にBookLiveのウェブサイトにおいて、「BookLive!サービス利用規約」等に同意の上、BookLive!会員となる必要があります。なお、お客様は本電子書籍購入後は、本確認をしなかったことを理由に、本電子書籍を返品することはできません。

112 件中 1~10 件を表示